未分類

冒険心

男性なら誰しもが持っているもの。
そう、それは「冒険心」です。
昔は某有名ロールプレイングゲームでホイミ!とかベギラマ!とかやっていたと思います。
子供の頃、一人でチャリンコに乗って自力では帰れないほどの距離まで行ったことがあることがあると思います。

そう、それは「冒険心」です。

男に生まれてきた以上誰しもが持っている「冒険心」ですが、ちょっと使い方を誤ると大変な事になってしまいます。

それは先日の事でした・・・。
仕事に疲れきった私は、北上でも有名な飲み屋で一人寂しく飲んでいたのです。
2軒目のアイリッシュバー的なお店に行った所、一人の女の子と出会いました。話をしているうちにその子はキャバ嬢だとわかったのですが、まあいいやと思い、そのまま3軒目へと向かうのでありました。
下心丸出しで飲んでいると、紹介したい子がいると言うので話しを聞くことになった。
なんでも売れないデリヘル嬢がいるから使ってやってくれと言う事だった。

ブスだから売れないんじゃないか?と聞くと、めちゃ美人なのになかなかお客さんが付かないのだそうだ。
そうなると、性格に問題アリではないかと尋ねると、性格もとても良い子だと言う。
とても酔っていたし、私はどうでも良くなって、「んじゃ俺が指名して今から使ってやるよ」と言ってしまった。
彼女はとても喜んでいた。

ホテルを指定して飲み屋を出た。
キャバ嬢は、終わったら感想を聞かせて欲しいということだったので、連絡先を交換した。
ホテルへ到着すると、まずは酔っていたこともあり、シャワールームへと直行した。
「見ず知らずのキャバ嬢の頼みを受け入れるなんてなんて優しいんだろう」なんて考えながら、どんなプレイで楽しむか想像を膨らませていました。
シャワールームから出ると、まもなくして部屋のドアからノックの音が聞こえました。

急いで服を着て恐る恐るドアを開けると、とても美形なデリヘル嬢が立っていた。
私はこの瞬間、心臓がバクバクして、緊張のあまり一気に酔いが覚めてしまったのである。
あまりに可愛い子で、こんな子にお客さんがつかないなんんて北上の男はどうかしてるなと思った。

あちらも恥ずかいのか、変によそよそしくて、緊張している様子。
これま緊張してる仕草が可愛いらしいのである。

私はすぐに抜きたかったので、そそくさと先ほど浴びたシャワーをもう一度浴びることにした。
彼女の裸体は実にエロくて、思わず乳首を舐めてしまった・・・。

「いやん!」

と声がしたかと思うと、体がビクッ!と痙攣した。
調子に乗ってそのまま両方の乳首を舐め回すと、彼女は体をくねらせて快感を我慢している様に見えた。
私は彼女の耳元で「我慢しなくてもいいんだよ」と声をかけると、しばらくして彼女は逝ってしまった様だった。
イく瞬間、彼女は膝から落ちてしまい、硬い床だったので心配になったが、大丈夫そうだった。
なんでもお風呂でイカされたのは初めての経験だそうで、とても満足そうだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です